とある誕生日会に参加

どもども。

とある誕生日会に参加してきました。

私のプレゼントは,こちらのフェンダー。

ギターではなくまな板です。

以前からその存在は知っていたのですが、自分では買わないよなぁ。

やはりプレゼントになりました。

アートのような燻製はたまたまですが別の方からのプレゼント。

何だかまな板だけよりは絵になった。

 

今年も誕生日おめでとうございました。

いつもお世話になっております.

来年もみんなでお祝いできますように!

ではでは。

エフェクターボード作製 その8(完成)

どもども。

エフェクターボード作製の最終回です。

じゃん❗

だいたい7〜8年かかった。

一つずつ説明していこう。

まずはボード本体。

Temple Audio Design Trio-28

カナダのブランドですが画期的なボードです。

ボード上に載せる機材にプレートは貼り付けてレイアウトが自由に変更できます。

とは言ってもほぼ固定ですが。

 

モンスターケーブルのシールドです。

これは素人の私でも音の違いがわかりました。

がっちりしてます。

ついでにジャンクションボックスもどきの入出力のフォンジャック。

ギターの入力とアンプへの出力、写真ではボード上のミニMarshallへ入力するようにしています。

 

Shin’s MusicのボリュームペダルとVOXのワウ。

ワウはともかくボリュームペダルは使うんだろか・・・。

ボリュームペダル奏法とかやったことない。

 

tc electronicsのpolytune 3

実はpolytune 2を準備していたのですが、常時表示にならないことがわかったため買い直しました。

評判はいいらしいですが,まだあまり使ってません。

ついでにMarshallのミニアンプ。

思い出の品です。

 

Free The ToneのARC-3

スイッチャー憧れでした。

確か何かのポイントで買いました。

ボード全体が完成してみたら、このエフェクターの数ではオーバースペック。

デジタルディレイとかMIDI使わないし。

何だかマニュアルでしか使わないような気がする・・・。

 

次にコンパクトエフェクター達ですね。

最初に IbanezのTS-9

Stevie Ray Vaughanの影響です。

BOSSのBlues Driver

名前の響きよりも汎用性があります。

MXRの定番フェイザーとディレイ。

これもあまり使わなそう。

ほんとはリバーブも入れたかったんだけど、いいのがなかったので。

 

電源タップはベルデンです。

電源コードは別になるタイプを選択しました。

またあまってる部分にはオヤイデ電気のキャップでカバー。

電源コードはオヤイデ電気、3穴の変換アダプターは明工舎。

 

パッチケーブルはFree The Toneのソルダーレス。

それから空いてるフォンプラグの穴はCustom Audio Japanのプロテクターでカバー、MIDIの穴もカバーしました。

 

パワーサプライはCustom Audio Japan。

12Vがもう一つ取れるとのことでARC-3のアダプタがいらないと思ったのですが、結局使わなかった。

ボードの裏面に設置できて見た目がスッキリです。

 

じゃん、完成❗

欲しいものを揃えてボードにのっけるという順番だったから結果的にでかく重くなったが、完成して嬉しい。

見てるだけで嬉しい。

一生使うと思います。

 

完成して嬉しいのですが、やることなくなったなぁ。

いやいやギターそのものの練習しないと。

スタジオで音出したいなぁ。

バンドやりたいなぁ。

ではでは。

エフェクターボード作製 その7

どもども。

ギターネタ続きますね。

以前、スイッチャーの空きプラグのカバーの話をしましたが、MIDI用のカバーないかなと探したら、ありました・・・。

さすがのサウンドハウス。

装着したこんな感じ。

全て塞ぎました。

これで安心。

 

次に電源タップの空き部分。

さすがのオヤイデ電気。

何か特殊な加工がしてあるらしい。

これで完了。

美しい。

 

次に電源タップ。

明工舎の変換プラグ。

がっちりしてます。

オヤイデ電気の電源タップはアース付きなので必需品。

これで完成。

これでエフェクターボードは全て完成です。

次回はまとめ。

ではでは。

ギタースタンド用のカバー購入してみた

どもども。

ラッカー塗装のギターを黒いラバーのギタースタンドに置いておくと痛い目にあいます。

一度経験しました。

二度と経験したくありません。

そんなわけでこちらを購入。

ギタースタンドのギターをかける部分に装着します。

これには無理矢理つけました。

こんな感じ。

ちなみにこのギターは変色する心配はありませんが、自己満足かな。

ではでは。

 

オヤイデ電気の電源ケーブルに感動

どもども。

受注生産で待っていたブツが届きました。

オヤイデ電気の電源ケーブル。

上っ面だけだけどオタクすぎる。

一般で売っているものよりケーブルを長くカスタマイズしたんです。

受注生産。

エフェクターボードのすぐそばに電源タップがあるとは限らないからね。

じゃーん、開封の儀。

感動です。

ステッカーも入ってた。

貼りたいけど、貼るところがないなぁ。

画角がイマイチだが美しい!

そこらのケーブルとは質感が違うぜ。

ルックスだけで満足です。

音の違いは・・・、

わかりません。

ではでは。

 

ギターのお手入れグッズを揃えてみたよ

どもども。

ギターの手入れなんて、弦を張り替えるときにかるくほこりをはらうぐらいでした。

どういう心境の変化かお手入れグッズを揃えてみました。

オレンジオイル。

これがいいらしい。

それからネットで見たよくわからないワックス?

名前が怪しいのだがいいらしい。

今度、弦を張り替えるときに使ってみよう。

クロスは何か買ったときのおまけのErnie Ballのやつ。

お手入れしてないで練習しろっつーの。

ではでは。

 

ギターのチューナー買いました

どもども。

あいだ空いちゃいましたね。

ギターのチューナー買い足しました。

特価660円。

安かったのでつい・・・。

二つ買ってしまいました。

と言ってもポイントでなんですけどね。

いたって普通の機能のみ。

いわゆるクリップチューナー。

実用的には問題なし。

上達するには正確なチューニングから、なんてね。

ではでは。

エフェクターボード作製 その6

どもども。

気になっていた場所があって、調べてみたら対応する部品がありました。

Custom Audio Japan Phone Jack Protector

使用しないPhone Jackの穴をカバーする部品です。

とってもニッチな製品ですなぁ。

あまり高価な製品ではなかったので2つ購入。

あいている穴からほこりが侵入するのを防ぐためにカバーします。

こんな感じ。

全てをカバー、完成。

MIDIの端子のカバーはないのかなぁ。

 

あとは電源コードだけ。

ではでは。

 

エフェクターボード作製 その5

どもども。

佳境に入ってまいりましたエフェクターボード作製。

前回までは、まさかの配線ミスでソルダーレスケーブルが足りなくなるという失態。

前回はここまで。

秋葉原のイケベ楽器で追加購入。

HTS-INがあったらHTS-OUTに差すと思うじゃん(>_<。)

入力はHTS-INですが、通常の使用の場合の正解はOUT-B。

今回はバッチリ。

取説はきちんと読みましょう。

信号系もこれ完成。

結束バンドで裏のケーブル類も整理してと。

通電テストしないで結紮しちゃったよ。

完成!

Temple Audio Designのロゴ、ちょっと地味。

テプラつけたよ。どうせ自分しか使わないけど。

ボード内のMarshallを使う場合はこんな感じ。

ラインセレクター使うか迷ったけど、余計なものが増えるので。

仮の電源コードで

そう言えば、電源コード買ってなかった。

完成ではないな・・・。

まだ続くね。

ではでは。

エフェクターボード作製 その4

どもども。

コツコツやってます。エフェクターボードの作製。

前回はここまで。

とうとう信号系、ソルダーレスケーブルの配線へ。

ケーブルを適当な長さに切断するのにFree The Toneがお勧めする剪定ばさみ

ニッパーよりいいらしい。

Amazonで新品買ったらさ、ものすごいよく切れる。

説明書を見ながら、YouTubeも参考にしたよ。

噂通り簡単だった。

はい、完成。通電テストをして組み込み。

バッチリ。

案の定、ケーブルが足りなくなりました。

あと2m必要なようです。

本日はここまで。

お疲れ様でした。